ふわまる今日の学び記録

毎日学んだことをアウトプットしています🌈100日継続が目標です!【2021/4/1目標達成しました】応援ありがとうございました🌸今後はマイペースに更新していきますので、引き続きよろしくお願いいたします

210302 資産1,000万円を溜めるまでのシンプルな道筋(リベ大動画より)

こんにちは。ふわまるです。

 今日の大阪は春一番🌸びしょびしょに濡れながら出社・・・辛い(´;ω;`)ウッ…

早く経済的自由になりたい・・・

本日もよろしくお願いします!☺

 

f:id:chisa040229:20201223192441p:plain

 

資産1,000万円を溜めるまでのシンプルな道筋

 

リベ大 両学長

 

資産1,000万円ぐらいを溜めるまでは・・・
投資 < 労働&倹約

 

 

■資産1,000万円までの道筋について労働と倹約をメインにすべき理由

 

①蓄財初期の貢献度は、労働&倹約が高い
②少ない種銭を一気に増やそうとすると博打になりがち
③人生を安定させる基本的な習慣になるから

 

 

■種銭と運用益の関係は?

(5%で運用した場合)


資産 10万円 → 0.5万円
    100万円 → 5万円
  1000万円 → 50万円
     1億円 → 500万円

 

投資においてインパクトを実感できるのは1,000万円を超えてから。

 

手取り300万円ー年間支出240万円=年間貯金60万円
年間貯金60万円×約16年6か月 →1,000万円


貯金だけで貯めると16年以上かかる

年利5%で資産運用を続けると・・・約13年で到達

 

それでも、
1,000万円に占める割合
投資:20% 労働・倹約:80%

 

 

■資産運用との付き合い方


人生の中心・土台になるほどのインパクトがあるわけではないが、人生を豊かにすることは間違いない
【比較的再現性が高い】【程良い温度感】

 

どれだけの収益率を狙うかは個人の好み

 

今の生活に満足している
将来に不安がない
  ↓
こういう人は資産運用する必要ないかも♪

 

 

1,000万円という資産以上に、1,000万円を貯めた習慣にこそ価値がある。
お金を貯めたいなら、収入の範囲内で暮らす。
1,000万円貯めた人はそれ以上に支出を抑え、生活防衛費も貯めることができている。

労働と倹約で黒字キープの習慣を♪

 

もし収入が減ってしまっても
 〇何か仕事を増やせば良い
 〇生活費を下げれば良い

 

日本人は死ぬときに一番金持ちになると言われている。

 

蓄財の過程で身に付けた素晴らしい生活力がもたらすものが・・・
経済的な安定!!


なにがあっても家計を黒字にできる。
十分な蓄えがあって乗り越えられる。

 

 

■資産1,000万円への道を阻む2つの疑問


①少額で資産運用をする意味は?

 →リスク資産の値動きに慣れることができる。

 

少額から運用をはじめるメリット

・金額が少ないだけに、致命的なダメージを受けない
・時間をかけて育てた運用スキルそのものが財産になる
・資産が増えるに従い、資産運用のコスパはどんどん良くなる

 

②自己投資を優先すべきじゃないの?
 →自己投資は大切!
  ただ、資産運用を一切やらずに自己投資に全額ふるのは△
  小金持ちを目指すのであれば、自己投資と資産運用のバランスが大事。

 

 

まとめ
泳ぎ切ればめちゃくちゃ楽になる!
資産1,000万円を貯めるまでは労働&倹約!

 

 

●感想●

1,000万円を貯めるまでは労働と倹約が大事。1,000万円貯めた人は金額以上にその習慣に価値がある🌸自己投資と資産運用のバランスを取りながら、小金持ちを目指します!みんなで一緒に頑張りましょう~☺

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ブログ100日更新が目標です!
 読者になるボタンをポチっとしていただけると嬉しいです☺♪