ふわまる今日の学び記録

毎日学んだことをアウトプットしています🌈100日継続が目標です!【2021/4/1目標達成しました】応援ありがとうございました🌸今後はマイペースに更新していきますので、引き続きよろしくお願いいたします

210401 「マーケター」のように生きろ/「生きる知恵」としてのマーケティング

こんにちは。ふわまるです。

”継続力”をつけたいと思い始めた学び+アウトプットブログ。

3日坊主の私が100日継続できたのは、いつも応援してくださる皆さまのおかげです。

本当にありがとうございました🌸

 

f:id:chisa040229:20201223192441p:plain


 

「マーケター」のように生きろ/「生きる知恵」としてのマーケティング
 
ソフトバンク株式会社 マーケター 井上先生
 
 
顧客が求めるものはなにかを理解して、会社が提供していく。
働くこと=誰かの役に立つこと
 
 
マーケティング 4つのステップ
 
①市場を定義する
②価値を定義する。
③価値をつくり出す。 どんな商品、サービスにするか。
④価値を届ける。
 
 
 
①市場を定義する
 
マーケティング価値の交換。そのプロセスをデザインすること。
価値を届ける相手を定義する。
誰に商品・情報を届けていくのか。
市場の大きさ、成長性、自分のスキルの専門性、独自性を活かせるか。
市場の規模←どれくらいの人たちを幸せにできるのか?
 
 
②価値を定義する
 
どんな価値を提供していくか。
相手が求めるものを定義する。
価値は相手が決めるもの
 
<優れたマーケティング的コミュニケーション>
・知識の体系を理解していること
・仮説を立てて対話していくこと
 
《価値の4象限》
ヨコ:情緒的価値(意味がある)か機能的価値(役に立つ)か
タテ:顕在的(常に形が顕在している)か潜在的(まだ眠っている)か
 
機能的・顕在的(実利価値)機能
機能的・潜在的保証価値)役に立つけど今すぐに表に出てこない
情緒的・顕在的(評判価値)相手との関係性の中で意味を成している
情緒的・潜在的共感価値)自分の中で価値がある
 
「御社の課題はなんですか?」←認識している課題しか返ってこない。
 
機能では差がつかない時代・・・
情緒的な価値でこそ差がつく。
 
 
③は省略
 
 
④価値を届ける
 
相手にしっかり届けていく。
良い商品をつくっても、伝えなければ意味がない。
 
●広告宣伝の3つのステップ
 
1.覚えてもらうこと
2.好きになってもらうこと
3.選んでもらうこと
 
覚えて好きになってもらうのは難しい→記憶の構造を書き換える必要がある→心を動かすことで記憶を書き換える!
心を動かすことが重要!
パワポは相手の理解を得ることはできるが、心を動かすのは難しい。
 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
本日でブログ100日更新達成いたしました🌸
 
100個の学びを再度振り返って、自分のこれからに活かしていきたいと思います☺
 
今後は自分のペースでブログ更新していきますので、引き続きよろしくお願いいたします✨
 
 
読者になるボタンをポチっとしていただけると嬉しいです☺♪
  

 

井上大輔 (@pianonoki) | Twitter